読者サポート

Unity ネットワークゲーム開発 実践入門 UNET/ニフティクラウド mobile backend版

著者:
西森 丈俊、一條 貴彰、掌田 津耶乃
定価:
2,894円(本体価格 2,680円)
発売日:
2017年6月20日
cover

ダウンロード

本書で解説したサンプルデータをダウンロードできます。 なお、使用方法などに関しては、必ず書籍の該当箇所をご確認の上、ご利用ください。 ダウンロード後、解凍したファイル内に「readme.txt」ファイルなどが含まれる場合は、使用前にこちらもご確認ください。

(サンプルプログラムはzip形式で圧縮してありますので、ダウンロード後解凍してください)

正誤情報

当書籍について、現在以下の記述ミスが発見されております。 大変ご迷惑をおかけしますが、以下をご参照いただきますよう、よろしくお願いいたします。

2017年7月21日
87ページの上のリストの1行目
誤:CreateOwnCoroutine

正:CreateOwnDataCoroutine

136ページのSaveScreenShot.cs
本書のサンプルスクリプトはUnity 5.6.0f3にて動作確認を行っております。
その後リリースされたUnity 5.6.2f1環境では、スクリーンショットのキャプチャ時に画像が壊れる現象を確認しました。
本現象は、Cameraコンポーネントの「Allow HDR」チェックボックスを入れている場合、OnPostRender()が呼び出されるタイミング時点では描画が完成されていないことに起因します。

解決法は2通りです。

●カメラから「Allow HDR」のチェックを外す
 ゲームがHDRレンダリングを行わない場合、これで問題が解決します。

●OnRenderImage()のタイミングでキャプチャ処理を行う
 HDRレンダリングを行いつつキャプチャをする場合は、OnRenderImage()の処理タイミングでキャプチャ処理を行います。
 その際、一度Graphics.Blitを呼ぶ必要があります。

void OnRenderImage(RenderTexture source, RenderTexture destination)
{
Graphics.Blit(source, destination);

if (screenCaptureFlag)
{
Texture2D texture = new Texture2D(source.width, source.height, TextureFormat.ARGB32, false);
texture.ReadPixels(new Rect(0, 0, source.width, source.height), 0, 0);
texture.Apply();

SaveTexureToFileStore(texture);

screenCaptureFlag = false;
}

}

Part2のサンプルプログラムの補足情報

リスト2-1-1について(215ページ)
Startメソッドが省略されていますが、この部分は、後にあるリスト2-2-1のStartと同じ内容になります。そちらのメソッドの内容をそのままコピー&ペーストしてご利用ください。

=====

Moveメソッドが省略されていますが、それ以前のリストで掲載されていませんでした。これはカメラを追随して動かすもので、ネットワークとは特に関係はなく、本文には影響はありません。

本書で使ったサンプルでは、以下のようなコードになっていました。サンプルを作成される際には以下のように記述してください。

[ClientCallback]
void Move()
{
if (!isLocalPlayer) { return; }
Vector3 v = transform.position;
v.z -= 5;
v.y += 3;
Camera.main.transform.position = v;
}

サポートページを探す

タイトル、著者名、ISBNなどで検索してください。

※書籍によっては、サポートページがない場合もございます。ご了承ください。

書籍についてのお問い合わせ

各サポートページで問題が解決しない場合は、お問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせ