• Amazonで購入

図で考えるから見えてくる。TCP/IPルーティングのしくみ

ルータは何をやっているの? インターネットのデータはどうやって流れている?
知っているようで知らないパケットのやり取りを豊富な図版で解説していきます!

著者
谷口 功
定価
2,138円(本体価格 1,980円)
発売日
2015年3月18日
判型/ページ数
A5版/288ページ(オール2色)
ISBN
978-4-88337-977-4
備考
-

ネットワークを行き交うパケットの流れが図解でみるみるわかる!

ルーティングプロトコルの違いはなに?
ルーティングテーブルには何が書いてある?

デフォルトルートの意味は?
仮想環境でもルーティングは必要?

 
 モヤモヤした疑問を一挙に解決!

ジャンル
キーワード

目次

第1章 ルーティングのためのIP通信の基礎
1 パケット/フレームの送り受け~ルーティングのしくみ
2 データの送受信を制御する情報はパケット/フレームのヘッダー記述~制御のカギを握るヘッダー
3 ヘッダー報を使って通信を実行する仕組み~プロトコルとはなにか
4 LANとLAN間通信そしてインターネットのネットワーク構造~ネットワークの基本単位
5 宛先や送信元を識別するための情報がIPアドレスやMACアドレス~MACアドレスやIPアドレス
6 ルーティングとは、スイッチングとは~データの転送処理の違い
7 インターネットとルーティング~パケットの流れ方
8 ルーターとスイッチ~インターフェースの構造
9 ルーティングに最も重要なIPアドレス~IPアドレスの知識①
10 IPアドレスのクラス~IPアドレスの知識②
11 サブネット~IPアドレスの知識③
12 クラスレスアドレス~IPアドレスの知識④
13 ブロードキャストIPアドレス~IPアドレスの知識⑤
14 グローバルアドレスとプライベートアドレス~IPアドレスの知識⑥
15 IPv6のIPアドレス~IPアドレスの知識⑦

第2章 ルーティングの仕組み
1 ルーティングとは何か?~ルーティングはどのように行われる?
2 ルーティングの基盤はルーティングテーブル~ルーティングテーブルの構造と機能
3 ルーティングテーブルによるパケットの処理~IPパケットの転送先
4 最適経路を選択するためのルーティングテーブルの検索~IPアドレスとネットワークアドレス
5 ルーティングテーブルの効率化・デフォルトルート~無駄を省くデフォルトルート
6 ルーティング経路を簡素化する経路集約~ネットワークをサブネット化して簡素に
7 ルーティングテーブルの更新と経路情報の取得~ルーティングテーブルは更新する必要がある
8 ルーティングテーブルの更新方法の種類~スタティックルーティングとダイナミックルーティング
9 スタティックルーティング~シンプルだが頻繁に更新はしにくい
10 ダイナミックルーティング~自動的にテーブルを更新できる
11 ダイナミックルーティングを実行するルーティングプロトコル~自律システム(AS)とルーティングプロトコル
12 最適経路の選択基準・メトリック~メトリックとルーティングプロトコル
13 コンピューター(ホスト)のルーティング~ルーター以外のルーティング
14 IPv6のルーティング~考え方はIPv4と同様

第3章 ルーティングプロトコル
1 ルーティングテーブルのコンバージェンス状態~ルーティングテーブルの伝達
2 ルーティングプロトコルとメトリック~メトリックの違い
3 RIPとディスタンスベクター型ルーティングプロトコル~最も古くからあるルーティングプロトコル
4 RIPの動作~ルーティングプロトコルの基本
5 RIPで生じるルーティングループ~RIPにおけるルーティングループ問題
6 ルーティングループを防止する方法~ループを解消する仕組み
7 RIPv1とクラスレスルーティングプロトコル~RIPv1でクラスレスアドレスやサブネットに対応する
8 RIPv2とクラスレスルーティングプロトコル~サブネットに対応したRIP
9 IPv6対応のRIP:RIPng~次世代IPアドレスとRIP
10 OSPFとリンクステート型ルーティングプロトコル~RIPの問題を解決したルーティグプロトコル
11 OSPFの動作~OSPFの仕組みと動作
12 OSPFで大規模ネットワークをサポートするためのエリア~OSPFの適用範囲
13 IPv6対応のOSPF:OSPFv3~次世代IPアドレスとOSPF

第4章 高度なルーティングの技術
1 なぜイナミックルーティングにはBGPが使われるのか~AS間の代表的ルーティングプロトコルBGP
2 BGPの種類とASの種類~iBGPとeBGP
3 BGPの動作~BGPの動作手順
4 BGPパス属性~BGPの経路選択
5 BGP属性による最適経路選択~属性による経路選択
6 IPv6対応のBGP~次世代IPアドレスでのBGP
7 ルーティングプロトコルのリディストリビューション/再配布~経路情報の再配布

第5章 スイッチとスイッチング
1 スイッチの役割りと動作~レイヤー2でのデータ転送制御
2 衝突を防ぐ仕組み~全二重とフロー制御
3 イーサネットフレームの構造と転送方式~3つの転送方式
4 オートネゴシエーション機能~互換性を確保しつつ利便性を高める
5 L2スイッチとL3スイッチレイヤー3でもスイッチ
6 スイッチのVLAN機能とその動作仮想的なLAN
7 VLANの構築~VLANの構築方法を識る
8 スイッチを超えたVLANの拡張~大規模なVLANの構築
9 VLAN間の通信方法~VLAN同士のルーティング

第6章 新しいデータ転送技術とネットワーク仮想化
1 ルーティングとはコンセプトが異なるSDN/OpenFlow~仮想ネットワークの通信制御
2 OpenFlowの構成~SDNを実現するための技術
3 OpenFlowの機能概要~OpenFlowを実現するための機能
4 OpenFlowの動作~データ転送の詳細
5 OpenFlowのデータ転送制御とルーティングの違い~ルーティングと何が違うのか
6 オーバーレイ方式SDNとは~既存のネットワークとの共存
7 オーバーレイ方式SDNの構造エッジ・スイッチでカプセル化
8 オーバーレイ方式SDNの動作~データ構造と転送の仕組み
9 SDN/OpenFlowと仮想ネットワーク~仮想ネットワークとはなにか
10 SDN/OpenFlowとこれからのデータ転送制御~SDN/OpenFlowへの期待

この書籍の購入

  • Amazonで購入する