• Amazonで購入

Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング

TwitterやFacebookなどのSNSを活用して自分の価値を広めよう!

著者
倉下忠憲
定価
1,404円(本体価格 1,300円)
発売日
2011年5月初版発行
判型/ページ数
四六判/240ページ
ISBN
978-4-88337-762-6
備考
-

ソーシャルネットワークを活用してリアルな世界で豊かに生きる。プライベートでも仕事でもない、第3の領域【サードウェイ】を構築しよう!

ジャンル
キーワード

目次

第一章 セルフブランディングとは何か?

●マス時代からソーシャル時代へ
ソーシャルメディアという新しい現実
多様なソーシャルメディアの形
情報流通の場としてのツイッター
プッシュ型インプットの相対化
情報は人を伝って伝播する
パイプライン=チェックしたい気持ち
出す情報がその人の属性になる
ソーシャル時代の到来

●ソーシャル時代の生き方
クラスタという所属
クラスタの特徴
「無名の有名人」の登場
サードウェイという生き方の幅
サードウェイの重要性
ウィーク・タイズを作り上げる
承認欲求を満たすコミュニティー
新しい生き方の心構え
自分のブランド作り

●セルフブランディングについて
セルフブランディングとは?
「ブランド」=想起されるイメージ
イメージの二つの方向性
「ブランディング」の基本

●セルフブランディングの原則
セルフブランディングの「5つの原則」
「自分で行う」
「継続する」
「嘘はつかない」
「短期的な効果を求めない」
「自分だけを目立たせない」

●セルフブランディングの基本
「3つの要素」
「何をしてきたのか」
「今何をしているのか・何ができるのか」
「これからどうしたいのか・何がしたいのか」
同じベクトルを集める

第二章 自分のブランドの見つけ方

●ブランドのイメージを作る三つの問い掛け
イメージ作りの足がかり
自分の感動ポイントを探る
自分の強みを並べる
将来の姿を思い描く

●ブランディング戦略の考え方
ターゲットを想定する
規模から考えるブランディング戦略
コンテンツから考えるブランディング戦略
ブランディング戦略

●フィードバックによる修正
戦略の修正の必要性
意図を書き残す
成果を確認する:「共感」
成果を確認する:「貢献」
成果を確認する:「信頼」
方向性の修正・ブランドの修正

第三章 セルフブランディングを実践する

●ソーシャルブランディング実施時に意識しておきたい七つのこと
ウィーク・タイズをつくる
CPNを目指す
最新情報をチェックしておく
「名前」はできるだけ統一する
できる範囲で積極的なコンテンツ展開を行う
自分なりの空気を醸成する
ブランドをレビューする

●ホームベースとしてのブログ
どのような役割か
どのような特徴があるか
選択するブログサービスは何にするか
何がコンテンツになるか
文章ブログ以外の選択肢
プロフィールページを作る
その他のサービスへのアカウント情報を載せる
更新情報をツイッターやフェイスブックに流す
人気の傾向を知る

●広報としてのツイッター
どんな役割か?
人の注目は「人」が集める
プロフィールを充実させる
他のツールとの連携設定を行う
どんな「つぶやき」をするのか
フォローについての考え方
やりとりの作法
スマートフォンがあればもっと日常に寄り添える

●新しい位置づけのフェイスブック
どんな特徴があるか
ツイッターとの使い分けの考え方
グループ・フェイスブックページの魅力

●ブランディングに役立つその他ツール
Gmailを取得する
サードウェイ名刺を作る

第四章 ツイッターおよびフェイスブックアカウントの取得

●ツイッターの登録と初期設定
アカウントの作成
フォロアーを探す
最初の一歩:プロフィール設定
最初の一歩:ツイートはじめ

●フェイスブックアカウントの取得
アカウントを登録する
基本的なプロフィールを入力する
最初の「近況」
詳しいプロフィールを設定する

エピローグ 「世界」が変わった感覚

本を出版するきっかけ
ブラック・スワンとの遭遇
ツイッターで広がるリアル
人を探す場所としてのネット
他人が見い出す「自分の価値」
はじめにイメージありき
自分なりのブランド観とその変化
二つの世界の変化
「自分らしさ」を持って生きられる世界

ToDoリスト
アイデアシート
参考文献

この書籍の購入

  • Amazonで購入する