• Amazonで購入

リサーチの技法

大学、企業、研究機関などでリサーチする人々、必読

著者
ウェイン・C・ブース、グレゴリー・G・コロンブ ジョセフ・M・ウィリアムズ、ジョセフ・ビズアップ、ウィリアム・T・フィッツジェラルド
定価
2,808円(本体価格 2,600円)
発売日
2018年6月28日
判型/ページ数
A5版変形/496ページ
ISBN
978-4-8026-1152-7
備考
-

全米70万部超の古典的名著

ハーバード大学、エール大学、シカゴ大学をはじめとする、一流大学で「レポート/論文執筆を学ぶ学生の「定番書」、日本初上陸
大学、企業、研究機関などでリサーチする人々、必読

<本書が提供する価値>
・ぼんやりとした「興味」を、解決の意味ありと読者が判断する「課題」に持っていく方法
・読者が「主張」を真剣に受けとめてくれる「議論」を構築する方法
・見識はあるが批判的な読者の懸念事項を予測し、それに対して適切に答える方法
・「それがどうした?」という、読者による最も厳しい問いに答える序論と結論を書く方法
・自分が執筆した文書を読者の目線で読み、そして、いつ、どのようにしてそれを修正すべきかを判断する方法


ジャンル

目次

目  次

はじめに
謝辞

パートⅠ リサーチ、リサーチャー、読者
プロローグ リサーチチャーになる

1章 紙に書いて考える:リサーチの効用――所定の書式か、自分流か

2章 読者とつながる:著者と読者の役割を作りだす

パートⅡ 問いかけをする、答えを見つける
プロローグ:リサーチプロジェクトを計画する――概観

3章 トピックから問いへ

4章 問いから課題へ

5章 課題からソースへ

6章 ソースを活用する

パートⅢ 議論をする
プロローグ:議論を組み立てる

7章 良い議論をする:概観

8章 主張をする

9章 理由とエビデンスを集める

10章 認識と答え

11章 論拠

パートⅣ 議論を書く
プロローグ 計画を見直す

12章 論文の計画とドラフトの作成

13章 議論の構成を決める

14章 ソースを取り込む

15章 エビデンスを視覚化して伝える

16章 序論と結論

17章 文章を修正する:物語をわかりやすく伝える

パートⅤ その他の考慮点

リサーチに求められる倫理観
教師のための補記
付録:参考文献リスト

この書籍の購入

  • Amazonで購入する