Android ADKプログラミング&電子工作バイブル

  • Amazonで購入

Android ADKプログラミング & 電子工作バイブル

Androidにハードウェアをつなげよう!これから始めたい人に最適な一冊。

著者
岩田 直樹、杉浦 登、高木 基成、原田 明憲、吉田 研一
定価
3,218円(本体価格 2,980円)
発売日
2012年5月21日
判型/ページ数
B5変型/384ページ
ISBN
978-4-88337-809-8
備考
口絵カラー 6ページ付き

基礎から応用まで学べ、すぐに使って楽しめる話題を満載!

●ADKリファレンスボードを使ってみよう
●Arduino Uno+USBホストシールドで手軽にADK
●ブレッドボード、ハンダ付けなどの電子工作の基礎も学べる

PICマイコンの接続、赤外線でチョロQを動かす、MicroBridgeの利用、KinectとAndroidの接続など、応用事例も網羅

ジャンル
キーワード

立ち読みPDF本書の一部をダウンロードしてお読みいただけます

読者サポート

  • 正誤情報
  • ダウンロード

目次

第1章 ADK(Open Accessory Development Kit)の概要とハードウェアの制御

 1-1 Androidによるハードウェアの制御
 1-2 ADK(Open Accessory Development Kit)の概要
 1-3 ADKによる開発の概要

第2章 ADK ボードを動かそう

 2-1 ADK ボードの概要
 2-2 ADKボード(Arduino)の開発環境
 2-3 Android端末の開発環境
 2-4 ADK のシンプルアプリケーション
 2-5 ADKボード(Arduino)のソースコードの解説

第3章 Arduino UnoとUSBホストシールドで手軽にADK

 3-1 低価格でADKを楽しむための機器と概要
 3-2 USBホストシールドを使うための準備
 3-3 Arduino Uno+USBホストシールドとRT-ADK&RT-SDKの違い
 3-4 開発環境の構築
 3-5 まずはArduinoを使ってみよう
 3-6 USBホストシールド用ライブラリのインストールと動作確認
 3-7 イチからはじめるADK
 3-8 Androidからデジタル出力(Lチカ)
 3-9 Androidからアナログ出力(LEDのPWM出力)
 3-10 Androidへのデジタル入力(タクトスイッチ)
 3-11 Androidへのアナログ入力(光センサ:CdS セル)
 3-12 Androidからデジタル/アナログの入出力すべてを制御する

第4章 Androidで赤外線通信

 4-1 赤外線でチョロQを動かす
 4-2 ArduinoとPCからチョロQを操作する
 4-3 Androidから送信機を操作する
 4-4 Androidプログラムの作成
 4-5 ロボットに赤外線通信機能を実装

第5章 Androidで温度モニタリング

 5-1 各種機器の準備と概要
 5-2 PIC24Fの開発環境の構築
 5-3 マイコン基板の作成とファームウェア
 5-4 プロジェクトの作成
 5-5 マイコンのソースコードと解説
 5-6 Androidのソースコードと解説
 5-7 温度センサーアプリの実行結果

第6章 MicroBridgeの利用

 6-1 MicroBridgeを使うための開発環境の構築
 6-2 Arduinoからadbのコマンドを実行
 6-3 デモアプリを動かそう
 6-4 応用例:ArduinoからAndroid端末のカメラのシャッターを切る

Appendix

 A-1 ピンソケットのハンダ付け
 A-2 Androidとハードウェア機器の接続方法
 A-3 ロボットの製作事例
 A-4 KinectとAndroid を接続する

この書籍の購入

  • Amazonで購入する