• Amazonで購入

作って身につく C言語入門 ~ゲームを作りながら、プログラミングのキホンをマスターする~

求められるスキルの変化が激しいいまだからこそ、学ぶべきプログラミングの基礎知識がぎゅっと詰まったC言語で、プログラミングの足場をしっかりと固めましょう。

著者
久保秋 真
定価
2,462円(本体価格 2,280円)
発売日
2018年5月18日
判型/ページ数
A5正寸/370ページ(2色)
ISBN
978-4-8026-1158-9
備考
-

C言語で、プログラミングを最短距離でしっかりと習得!

プログラミングには「なんで?」と思うおまじないのような書き方やルールがたくさんあります。これらの理解を放置したままプログラミングを続けると、2年後、3年後に、プログラマーとしての成長に大きな開きが出てきます。
PythonやRuby、PHPなど、人気の高いプログラミング言語の背後に隠れているように見えるC言語。実は、学校など教育の現場からシステム開発の裏方までで活躍する、現役のプログラミング言語です。
求められるスキルの変化が激しいいまだからこそ、学ぶべきプログラミングの基礎知識がぎゅっと詰まったC言語で、プログラミングの足場をしっかりと固めましょう。
この本では、ベテランのプログラミング講師が、手取り足取りお教えします。安心して学んでください。

著者さん久保秋真さんによる書籍のサポートサイト
http://cbook.vacco.net/

久保秋真さんのプロフィール
http://cbook.vacco.net/tabid/61/Default.aspx

ジャンル
キーワード

目次

< 第1部 開発環境に慣れよう >
第1章 プログラムが動くまで
第2章 開発環境に慣れる
第3章 作るアプリケーションを決めよう

< 第2部 プログラムの開発を体験しよう >
第4章 新しいプログラムを作って動かす
第5章 文字列の表示から始めよう
第6章 入力した文字を判定する処理を作る
第7章 同じ処理を繰り返す
第8章 役割のわかる関数に分割する
第9章 「新しい問題を自動で作成する」を作る
第10章 「問題を出すとき玉を1色につき1個しか使えない」を作る
第11章 「プログラムはプレーヤーの予想入力を確認する」を作る
第12章 「ギブアップの場合はプログラムの勝ちとする」を作る
第13章 「問題と予想を比較して、当たり具合を確認する」を作る

< 第3部 プログラムの動作を充実させよう >
第14章 色当てゲームをバージョンアップしよう
第15章 「ゲームの経過を見やすくする」を作る
第16章 「ゲームを繰り返し実行する」を作る
第17章 ゲームのスコアをつける
第18章 プログラムのファイルを分割する
第19章 ゲームのスコアを継続して使う

< 第4部 まとめ >
第20章 その他の文法やライブラリ関数について
第21章 おわりに

付録 サンプルコード

この書籍の購入

  • Amazonで購入する