読者サポート

iPhone/iPad/iPod touchプログラミングバイブルiOS7/Xcode5対応

著者:
布留川 英一
定価:
3,456円(本体価格 3,200円)
発売日:
2013年10月29日

ダウンロード

本書で解説したサンプルデータをダウンロードできます。 なお、使用方法などに関しては、必ず書籍の該当箇所をご確認の上、ご利用ください。 ダウンロード後、解凍したファイル内に「readme.txt」ファイルなどが含まれる場合は、使用前にこちらもご確認ください。

(約10MB。zip形式で圧縮してありますので、ダウンロード後解凍してください)

※2013年11月5日13時以前にダウンロードされた方は、下記の正誤が更新されておりますのでお手数ですが、再度ダウンロードをお願いします。

正誤情報

当書籍について、現在以下の記述ミスが発見されております。 大変ご迷惑をおかけしますが、以下をご参照いただきますよう、よろしくお願いいたします。

2014年4月10日

P314ページのコラムの記述
<誤>「また、HTTPBodyを指定すると…反映されず4分になります。タイムアウトしたい場合は…明示的に停止する必要があります。」の記述は、iOS 5までの仕様で、iOS 6/7ではこの記述は削除となります。

2013年11月5日

P155では、文字の色の指定がUIColorのsetメソッドを使っていますが、NSForegroundColorAttributeNameを利用します。

<誤>UIColor オブジェクトを生成した後、set メソッドを呼ぶことで、それ以降の描画時に指定した色が適用されます。

UIColorクラス
- (void)set
 機能:色の指定

<正>UIColorオブジェクトを生成した後、NSDictionaryオブジェクトにUIColorオブジェクトと「NSFontAttributeName」とセットで追加することで、描画時の色が適用されます。

NSDictionary* attrs=[NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:
[UIFont systemFontOfSize:24],NSFontAttributeName,
[UIColor colorWithRed:0/255.0f green:0/255.0f blue: 0/255.0f alpha:1.0f],
NSForegroundColorAttributeName, nil];

※153ページからのStringEx.mファイルのソースファイルも修正されます。上記のダウンロードファイルをご参照ください。

<誤>以下のファイルのソースコード中の[[UIColor blackColor] set];は必要ありませんでした。[[UIColor blackColor] set];を削除したソースコードは、上記のダウンロードファイルをご参照ください。

VarEx.m(P101)
ObjectEx.m(P109)
LoopEx.m(P121)
BranchEx.m(P127)
ArrayEx.m(P134)
ClassEx.m(P140)
TouchEx.m(P176)

サポートページを探す

タイトル、著者名、ISBNなどで検索してください。

※書籍によっては、サポートページがない場合もございます。ご了承ください。

書籍についてのお問い合わせ

各サポートページで問題が解決しない場合は、お問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせ