読者サポート

今日から使える Excel関数&マクロ 2010/2007/2003/2002対応

著者:
渡辺 克之
定価:
2,009円(本体価格 1,860円)
発売日:
2010年9月初版発行

ダウンロード

本書で使用しているサンプルファイルを以下より、ダウンロードできます。なお、使用方法などに関しては、必ず本文の該当箇所をご確認ください。

(約4.6MB。lzh形式で圧縮してありますので、ダウンロード後解凍してください)

正誤情報

初版第1刷に下記の誤りがありました。訂正し、お詫び申し上げます。

■P14の手順1
(誤)セルB3をクリック
(正)セルC5をクリック

■P21の見出し
(誤)(5)セルA2とB2は等しくない?
(正)(5)セルA1とB1は等しくない?

■P21の文章
(誤)「A6:C10 B9:D13」とすれば、
(正)「A4:C8 B7:D11」とすれば、

(誤)10+10+20+20=「80」です。
(正)10+10+20+20=「60」です。

■サンプルデータ(演算子.xlsx)
(誤)セルG10=SUM(A6:C10 B9:D13)
(正)セルG10=SUM(A4:C8 B7:D11)

■P265の右画面およびPoint3の指し位置
正しくは、06金種計算表.xlsxのシート2「二千円札対応」の画面(セルC7が「2000円」、セルD7が「1」)となります。
Point3の指し位置は、シート2「二千円札対応」のセルD7となります。

■P272の操作手順と合計欄
小計欄と合計欄を一度に選択するのではなく、別々に選択します。
[Ctrl]キーを押しながらセルC7からD7、セルC13からD13を選択して[Σ]ボタンをクリックします。これで小計欄が計算されますので、続いてセルC14からD14までドラッグして[Σ]ボタンをクリックし、合計欄を計算します。
この結果、合計欄の数値はセルC14が「478,300」、D14が「475,300」となります。

■P274のAnswer4の数式(2箇所)
(誤)=VLOOKUP(F2,A2:C9,3)*F3
(正)=VLOOKUP(F2,A2:C9,3,FALSE)*F3

■P275の最初の画面のセルF4
(誤)¥1,200
(正)¥920

■サンプルデータ(Chap1.xlsxのA01シート)
(誤)セルC14=SUM(C9:C13)=230,600
(正)セルC14=SUM(C13,C7)=478,300

(誤)セルD14=SUM(D9:D13)=222,600
(正)セルD14=SUM(D13,D7)=475,300

サポートページを探す

タイトル、著者名、ISBNなどで検索してください。

※書籍によっては、サポートページがない場合もございます。ご了承ください。

書籍についてのお問い合わせ

各サポートページで問題が解決しない場合は、お問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせ