• Amazonで購入

新米サーバ/インフラ担当者のための仮想サーバ/クラウド技術の常識

現場ですぐ役立つサーバ構築と運用ノウハウがわかる!

著者
鷲北 賢
定価
1,728円(本体価格 1,600円)
発売日
2015年9月14日
判型/ページ数
A5/224ページ(オール2C)
ISBN
978-4-88337-991-0
備考
-

仮想化技術などにより、1台のサーバを立てることは簡単になりましたが、サービスを安定して運用するためには、複数台のサーバ連携が不可欠です。そして、そのためにはさまざまなノウハウが必要になります。

本書は、知識ゼロからでもサーバ管理者の基本と実践が身につくように構成しました。また、すでに運用をはじめている方でも、困った時に役立つ基礎知識をこの1冊にまとめました。

複数台のサーバを連携し、管理を行うためのおもな項目
●アクセス増に対応する「スケールアップ」と「スケールアウト」
●セキュリティの確保と「Zabbix」によるサーバ監視
●「MySQL」データベースの冗長化による障害対策

ジャンル
キーワード

目次

1章 クラウドをはじめる前に

 1-1 インターネットサービスとサーバの基礎知識
 1-2 サーバサービスの種類とクラウド

2章 クラウドサービスを始める

 2-1 会員登録を行ってサービスを申し込む
 2-2 クラウドサービスの課金と支払い

3章 コントロールパネルでクラウドサービスを利用する

 3-1 コントロールパネルの基本操作とアカウントの作成
 3-2 コントロールパネルからサービスを選択する

4章 WordPressサーバを作成する

 4-1 WordPressサーバ構築の流れ
 4-2 クラウドでサーバを作成する
 4-3 起動したサーバにログインする
 4-4 サーバを設定する
 4-5 サーバを管理する
 4-6 ドメインを取得する

5章 MySQLサーバを分離する

 5-1 サーバを分離する意義
 5-2 サーバ構成図を確認する
 5-3 サーバを2台構成に変更する

6章 スケールアップとスケールアウト

 6-1 アクセス増大に対処するには
 6-2 サーバのスケールアップ(スペックアップ)の方法
 6-3 スケールアウトの考え方
 6-4 ロードバランサで負荷分散をするための準備
 6-5 ロードバランサで負荷分散をするための設定

目次をすべて見る

この書籍の購入

  • Amazonで購入する