• Amazonで購入

図で考えるから見えてくる。ネットワーク仮想化とSDN/OpenFlowのしくみ

著者
谷口 功
定価
2,160円(本体価格 2,000円)
発売日
2014年5月23日
判型/ページ数
A5/240ページ(2色)
ISBN
978-4-88337-923-1
備考
-

クラウド時代のネットワーク像が図解でみるみるわかる!

「VLAN→SDN」で何が可能になる?
SDN/OpenFlowとクラウドの関係は?
どこまで標準化・サポートされているの?
OpenFlow以外にSDN技術はある?

 モヤモヤした疑問を一挙に解決!

ジャンル

立ち読みPDF本書の一部をダウンロードしてお読みいただけます

目次

はじめに
第1章 ネットワークの仮想化とは
1 仮想化の意味 仮想化の概念①
2 仮想化でできること 仮想化の概念②
3 仮想化のメリット 仮想化の概念③
4 物理ネットワークと仮想ネットワーク 管理の手間を軽減する仮想化技術
5 OpenFlow登場までの流れ ネットワーク技術の変遷①
6 原始的なLAN機器のしくみ ネットワーク技術の変遷②
7 LAN機器の代表L2スイッチ ネットワーク技術の変遷③
8 VLAN機能付きLANスイッチ ネットワーク技術の変遷④
9 LAN間接続機器ルーター ネットワーク技術の変遷⑤
10 L2スイッチを機能拡張したL3 スイッチ ネットワーク技術の変遷⑥
11 データ伝送とネットワーク制御 ネットワーク技術の変遷⑦
12 仮想サーバーとは 仮想ネットワークと仮想サーバー①
13 仮想ネットワークと仮想サーバーの組み合せ 仮想ネットワークと仮想サーバー②
14 サーバーを仮想化する技術 仮想ネットワークと仮想サーバー③
15 仮想ストレージの利用 仮想ネットワークと仮想ストレージ①
16 仮想ストレージの技術 仮想ネットワークと仮想ストレージ②
17 仮想ネットワークの利用 仮想ネットワークの実際

目次をすべて見る

この書籍の購入

  • Amazonで購入する