• Amazonで購入

テクニカルTipsシリーズ 速効解決!逆引きハンドブック Java

やりたいことから探せる逆引き構成。開発の現場ですぐに使えるサンプルが満載で、いつまでも手元に置いて使えるJavaのプログラミングテクニック集!

著者
日向 俊二
定価
3,024円(本体価格 2,800円)
発売日
2008年2月初版発行
判型/ページ数
A5判/520ページ
ISBN
978-4-88337-590-5
備考
CD-ROM添付

アルゴリズムからGUIデザインまで「やりたいことから探せて」「開発現場によく効く!」サンプル満載
わかったつもりになっていませんか?目から鱗のワザを大公開!スゴ腕プログラマの必携書!

ジャンル
キーワード

目次

Chapter 1 値とオブジェクト
 1-1 文字列を数値に変換するには
 1-2 数値を文字列に変換するには
 1-3 数値を16進数で表現するには
 1-4 数値の型を変更するには
 1-5 データ型を別のデータ型に変換するには
 1-6 一次元の配列を使うには
 1-7 多次元の配列を使うには
 1-8 ジャグ配列を使うには
 1-9 リストを使うには
 1-10 キューを使うには
 1-11 スタックを使うには
 1-12 キーと値の組み合わせを扱うには
 1-13 オブジェクトを調べるには
 1-14 オブジェクトを識別する値を取得するには
 1-15 オブジェクトのクラスを識別するには
 1-16 オブジェクトのクラス情報を取得するには
 1-17 オブジェクトが同じかどうか調べるには
 1-18 オブジェクトをコピーするには
 1-19 乱数を発生させるためには
 1-20 数値を丸めるには
 1-21 最大公約数を求めるには
 1-22 位置を表現するには
 1-23 サイズを表現するには
 1-24 位置とサイズを表現するには
 1-25 領域を表現するには
 1-26 大きな値を精度よく保存するには
 1-27 コレクションを扱うには

Chapter 2 文字と文字列
 2-1 小文字/大文字に変換するには
 2-2 文字の種類を調べるには
 2-3 Unicodeブロックを調べるには
 2-4 改行のような表示できない文字を使うには
 2-5 文字列を使うには
 2-6 文字列の長さを調べるには
 2-7 文字列を置き変えるには
 2-8 文字列の中の文字を置換するには
 2-9 文字列の一部を取り出すには
 2-10 文字列を区切り文字で分割するには
 2-11 文字列を文字の配列に変換するには
 2-12 文字列表現を取得するには
 2-13 テキストを表示するには
 2-14 文字列をグラフィックスとして描画するには
 2-15 文字列を縦書きにするには
 2-16 文字列を選択できるようにするには
 2-17 エンコードを変換するには
 2-18 文字列をバイト列に変換するには
 2-19 文字列の前後の空白を取り除くには

Chapter 3 日付と時間
 3-1 日付と時刻を使うには
 3-2 文字列を日付時刻の値に変換するには
 3-3 日付・時刻を文字列にするには
 3-4 現在時刻を取得するには
 3-5 時刻をカウントダウンするには
 3-6 うるう年かどうか調べるには
 3-7 カレンダーを表示するには
 3-8 タイムゾーンを使うには

Chapter 4 入出力
 4-1 文字列を入出力するには
 4-2 数値を入力するには
 4-3 数値を書式付で出力するには
 4-4 値をファイルに書き込むには
 4-5 値をファイルから読み込むには
 4-6 バイト単位で読み書きするには
 4-7 テキストを読み書きするには
 4-8 連続したバイトデータを読み書きするには
 4-9 ランダムアクセスするには
 4-10 XMLドキュメントを読み込むには
 4-11 XMLドキュメントを読み書きするには

Chapter 5 ファイルシステム
 5-1 ファイルを選択できるようにするには
 5-2 ファイル名やパス名を調べるには
 5-3 ファイルが存在するかどうかを調べるには
 5-4 ファイルサイズを調べるには
 5-5 最大のファイルサイズを調べるには
 5-6 ファイルの一覧を取得するには
 5-7 ファイルをコピーするには
 5-8 ファイル名を変更するには
 5-9 ファイルを移動するには
 5-10 ファイルを削除するには
 5-11 ファイルの属性を調べるには
 5-12 カレントディレクトリを調べるには
 5-13 ディレクトリが存在するかどうかを調べるには
 5-14 ディレクトリを作成するには
 5-15 ユーザーのホームディレクトリを取得するには
 5-16 一時ファイルを作成するには
 5-17 一時ディレクトリを取得するには
 5-18 有効なドライブ名を取得するには

Chapter 6 ウィンドウ
 6-1 ウィンドウを作るには
 6-2 ダイアログボックスを表示するには(1)
 6-3 ダイアログボックスを表示するには(2)
 6-4 透明なウィンドウを作るには
 6-5 フレームのないウィンドウを作るには
 6-6 ウィンドウが閉じないようにするには
 6-7 ウィンドウを移動するには
 6-8 ウィンドウの位置を指定するには
 6-9 ウィンドウが画面中央に表示されるようにするには
 6-10 ウィンドウのサイズを変更するには
 6-11 ウィンドウのサイズを固定するには
 6-12 ウィンドウを常に手前に表示するには
 6-13 スプラッシュウィンドウを表示するには
 6-14 アプレットを作るには

Chapter 7 メニュー
 7-1 メインメニューを作るには
 7-2 ポップアップメニューを作るには
 7-3 メニュー項目にアイコンを表示するには
 7-4 メニューを変更するには
 7-5 システムトレイのアイコンにメニューを表示するには

Chapter 8 マウスとキーボード
 8-1 マウスの操作を検出するには
 8-2 マウスカーソルの形を変更するには
 8-3 マウスカーソルの位置を取得するには
 8-4 マウスが移動したことを検出するには
 8-5 マウスで数値を入力できるようにするには
 8-6 矢印キーで数値を入力できるようにするには
 8-7 キーの押し下げを検出するには
 8-8 [Enter]キーでフォーカスを移動するには
 8-9 パスワードを入力できるようにするには
 8-10 IMEを制御するには

Chapter 9 レイアウト
 9-1 BorderLayoutを使うには
 9-2 BoxLayoutを使うには
 9-3 CardLayoutを使うには
 9-4 FlowLayoutを使うには
 9-5 GridBagLayoutを使うには
 9-6 GridLayoutを使うには
 9-7 GroupLayoutを使うには
 9-8 OverlayLayoutを使うには
 9-9 SpringLayoutを使うには
 9-10 スクロールできるようにするには
 9-11 コンポーネントの推奨サイズを指定するには
 9-12 マージンを指定するには
 9-13 コンテナに対してコントロールの位置を固定するには
 9-14 コンポーネントをグループ化するには
 9-15 ほかのコンポーネントを内部に配置するには
 9-16 コントロールを水平方向に動的に配置するには
 9-17 コンポーネントを表形式で配置するには

Chapter 10 コンポーネントの操作
 10-1 コンポーネントにフォーカスを設定するには
 10-2 入力フォーカスが移動したことを検出するには
 10-3 コンポーネントの境界線を設定するには
 10-4 コンポーネントの位置を移動するには
 10-5 テキストの表示位置を指定するには
 10-6 コンポーネントにイメージを表示するには
 10-7 コンポーネントにグラフィックスを描くには

Chapter 11 いろいろなコンポーネント
 11-1 コンポーネントを作成するには(1)
 11-2 コンポーネントを作成するには(2)
 11-3 グラフィックスコンポーネントを作成するには
 11-4 ツールバーを作成するには
 11-5 ステータスバーを作成するには
 11-6 分割パネルの境界を変更できるようにするには
 11-7 スライダで値を選択できるようにするには
 11-8 進捗状況を示すには
 11-9 タブ付きのページを作成するには
 11-10 ラジオボタングループを作るには
 11-11 チェックボックスグループを作るには
 11-12 ドロップダウンリストから選択できるようにするには
 11-13 ボタンを利用するには
 11-14 リストボックスを利用するには
 11-15 コンボボックスを利用するには
 11-16 表形式で情報を表示するには
 11-17 ツリー形式で情報を表示するには
 11-18 HTMLを編集できるようにするには

Chapter 12 ヘルプとヒント
 12-1 [F1]キーでヘルプを表示できるようにするには
 12-2 ヒントを表示するには
 12-3 エラーを表示するには
 12-4 例外を処理するには

Chapter 13 グラフィックス
 13-1 イメージを表示するには
 13-2 ボタンにイメージを表示するには
 13-3 図形を描画するには
 13-4 ペンを使うには
 13-5 フォントを指定するには
 13-6 色を作成するには
 13-7 色を選択できるようにするには
 13-8 棒グラフを描くには
 13-9 折れ線グラフを描くには
 13-10 円グラフを描くには

Chapter 14 Web・ネットワーク
 14-1 Webページを表示するには
 14-2 Webページのソースを表示するには
 14-3 メールを送信するには
 14-4 メールを受信するには

Chapter 15 印刷
 15-1 テキストを印刷するには
 15-2 グラフィックスを印刷するには
 15-3 帳票を印刷するには

Chapter 16 パフォーマンス
 16-1 実行時間を計るには
 16-2 条件判断を速くするには
 16-3 文字列操作を速くするには
 16-4 コンテナの要素に高速にアクセスするには
 16-5 リストを高速に操作するには
 16-6 ファイルへの読み書きを高速で行うには
 16-7 メモリの利用効率を高めるには

Chapter 17 プロセスとスレッド
 17-1 マルチスレッドプログラムを作成するには(1)
 17-2 マルチスレッドプログラムを作成するには(2)
 17-3 ほかのプログラムを起動するには
 17-4 プログラムの二重起動を禁止するには
 17-5 常駐プログラムを作るには

Chapter 18 マルチメディア
 18-1 音を鳴らすには
 18-2 WAVEサウンドを鳴らすには(1)
 18-3 WAVEサウンドを鳴らすには(2)
 18-4 WAVEサウンドを録音するには
 18-5 MIDIサウンドを鳴らすには
 18-6 アニメーションを表示するには

Chapter 19 アルゴリズム
 19-1 決まった時刻に作業を行うようにするには
 19-2 作業を定期的に行うようにするには
 19-3 データの並べ替えを行うには
 19-4 データの位置を回転するには
 19-5 データの順序を前後逆にするには
 19-6 データをランダムに並べ替えるには
 19-7 データを高速で検索するには
 19-8 文字列を探索するには
 19-9 データを暗号化するには
 19-10 算術関数を利用するには

Chapter 20 Java実行環境
 20-1 システムプロパティを取得するには
 20-2 プロパティを読み書きするには
 20-3 アプリケーションのデータを保存するには
 20-4 環境変数を取得するには
 20-5 システムカラーを取得するには
 20-6 パッケージを調べるには
 20-7 スクリーンの情報を取得するには
 20-8 クリップボードを利用するには

付録A トラブル対策
 A-1 一般的なトラブルとその対処
 A-2 コンパイル時のエラーメッセージとその対処
 A-3 実行時のトラブルとその対処
 A-4 環境の違いが原因となるトラブルと対策

付録B 正規表現とワイルドカード
 B-1 正規表現
 B-2 ワイルドカード

付録C Javaプログラミングのファイル
 C-1 主なコマンドとプログラム

付録D 参考リソース

目的別索引
用語索引

この書籍の購入

  • Amazonで購入する