• SOLD OUT

小さな会社のIT担当者が知らないと困るLANとネットワーク構築・運用の常識

著者
八木 重和
定価
1,620円(本体価格 1,500円)
発売日
2006年9月26日
判型/ページ数
A5判/208ページ
ISBN
4-88337-506-4
備考
-

知識ゼロでも、不正アクセスと情報漏洩を防ぐ。安全な社内ネットワークを構築して、企業としての信頼を得るために。Winny対策掲載→ファイル共有ソフトなど、新たな脅威から企業を守る最新のノウハウを満載!突然、担当を引き継ぐことになったときにすぐに役立つ!・そもそもLANとは何をするのか?・ゼロからはじめるLANの構築・高速インターネット回線に切り替える・IPアドレスの意味を知る・セキュリティのアウトソーシング・LANの規模とコストの関係などなど丸分かり!

ジャンル

目次

第1章 LANの構造を理解するための基礎講座
1−1 これがなければはじまらない〜LANを構成する機器
1−2 最小限のLANには何が必要か
1−3 何のためにLANを使うのか
1−4 LANを使うと便利なこと

第2章 パソコンの増設やインターネットの高速化
2−1 これからはじめるLAN
2−2 今あるLANを拡大する
2−3 インターネットの高速化

第3章 データの流れを理解するためのポイント
3−1 LANを流れるデータの基礎知識
3−2 IPアドレスとドメインを理解する
3−3 LANを安全に運用する
3−4 セキュリティの確保

第4章 最適なLANを構築するためのコスト検討
4−1 会社の規模に最適なLANの規模
4−2 インターネット接続の賢い選択
4−3 データ管理を他に任せる提案

第5章 情報漏洩を起こさないためのセキュリティ対策
5−1 情報漏洩の重大性
5−2 情報漏洩のトピック
5−3 情報を守る具体的な手法