• Amazonで購入

決算書の読み方 最強の教科書決算情報からファクトを掴む技術

決算書をはじめとした決算資料は、情報の宝庫です。数字の裏に隠されたストーリーを、ぜひ堪能し尽くしてください!

著者
吉田有輝
定価
1,980円(本体価格 1,800円)
発売日
2020年7月27日
判型/ページ数
A5/372ページ(オール2C)
ISBN
978-4-8026-1262-3
備考
-

簿記や会計の知識を断片的に勉強しても、決算書の読み方に関する入門書を読んでも、実物の決算書を前にしたら、何をどこから見ればいいのかさっぱりでしょう。そもそも、複数種類存在する決算資料をどのように活用していけばいいのかなんて、分かるはずもありません。実践無くして、決算書を読めるようにはなれないのです

本書では、単に決算書における財務指標の意味等を解説するのではなく、実際に上場企業が開示している有価証券報告書、決算説明資料、統合報告書等の様々な情報をフルに活用していきます。

ジャンル

目次

第1章 決算書を読みこなすために最低限必要な基礎知識
 簿記では習わないけど、知っておくべきこと

第2章 決算書から会社の優位性を見つけ出す
 なぜ、家具販売の王者「ニトリ」は一人勝ちができたのか

第3章 BSから事業の特性を探り出す
 なぜ、メルカリは赤字でも勝負を続けられるのか

第4章 複数事業を手がける会社の決算書を読み解く
 丸井グループの決算書は、ビジネスの変遷と共にどう変わってきたのか

第5章 決算書から事前に危険を察知する方法
 なぜ、スカイマークや江守グループは倒産したのか

第6章 業界ごとの決算書の特徴を知る
 住友不動産やファーストリテイリング等の決算書から業界の特性を探る

第7章 M&Aを行った会社の決算書を読み解く
 なぜ、日本電産はM&Aで成功し続けたのか

第8章 実践!各企業の決算を読み込んでみよう
 ラクスル、ソフトバンクグループの決算書を深読みする

この書籍の購入

  • Amazonで購入する