• Amazonで購入

SQLデータ分析・活用入門 データサイエンスの扉を開くための技術 MySQL/PostgreSQL両対応

近年では、エンジニアのみならずマーケター/プランナーにも、SQLでのデータ集計は必須の知識になりつつあります。本書でぜひ、実践的なスキルを身につけてください。

著者
西潤史郎、山田祥寛(監修)
定価
2,860円(本体価格 2,600円)
発売日
2019年9月12日
判型/ページ数
A5/400ページ(オール2C)
ISBN
978-4-8026-1226-5
備考
-

本書は「データ分析」に特化したSQLの入門書です。
広く浅くの超入門ではありません。
データ分析の現場で生き抜くための技術と、データを価値に変えるための思考。
基礎から実践まで本腰を入れて学びたい人に向けた、本格的な内容となっています。

MySQLの分析向け新機能もフル活用!
データ分析の8割は、SQLによる集計で対応できるのです。

ジャンル

目次

第一部 SQLによるデータ分析の基礎
第1章 SQLデータ分析の世界
第2章 データ分析環境を整える
第3章 データの「分ける」「数える」が分析の基本
第4章 分析を効率化するSQLによる前処理
第5章 データをさらに活用するためのテクニック
第6章 複数のテーブルを扱うJOINとUNION
第7章 分析SQLの主役「ウィンドウ関数」徹底入門

第二部 SQLによるデータ分析の実践
第8章 SQLで小さな分析を積み重ねる
第9章 長いSQLを読み解く
第10章 データ分析で成果を出すために

付録
A.1 SQLクライアント「SQL Workbench/J」の導入方法
A.2 ダッシュボードツール「Redash」の導入方法と可視化手順

この書籍の購入

  • Amazonで購入する